teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


晩秋の大門寺を訪ねる

 投稿者:せーやん  投稿日:2016年11月26日(土)20時19分4秒
   Sさんの写真、HPトップに載りました。たまらず小生、本日大門寺へ行ってきました。今まで気の付かなかったところも、撮ることができました。小生独自の写真集になったかも。


  http://www.hcn.zaq.ne.jp/caexb307/daimon/index.html


 
 

ゴッホ終焉の地を辿って”オヴェール・シュロワーズ

 投稿者:ふじさん  投稿日:2016年11月11日(金)11時16分52秒
  http://www.youtube.com/audio?feature=wenh&v=x5nYTz2LCHM

ゴッホ終焉の地を辿って”オヴェール・シュロワーズ (u-tube)

http://93899822.at.webry.info/

 

「科学」「技術」どこにバランスが

 投稿者:yoshi  投稿日:2016年11月10日(木)21時35分44秒
  「宇宙探索」~衛星どうしがドッキング、あるいは切り離されて地球へ帰還。
かと思えば、豊洲市場では盛土をしたりしなかったり、はたまた、「博多の道路陥没」、
我が国の科学・技術は、何処が優れて何処がおろそかになっているのか・・・。
2020年オリンピックは、直下型地震とどう対応するのか・・
余計な取り越し苦労だとは思うが、年寄りは気になる。
 

2016懇親会

 投稿者:せーやん  投稿日:2016年10月30日(日)12時28分25秒
   昨日作品展の慰労会も兼ね「京都がんこ二条苑」で、懇親会が盛大に開かれた。会場の「高瀬川二条苑」は、慶長16年(1611年)、京都の豪商ー角倉了以によりつくられたもので、了以は、山城の大堰川、高瀬川を私財を投じて開削、「水運の父」ともいわれる。
 NHK大河ドラマ「真田丸」の「大阪夏の陣」が、慶長20年(1615年)、秀吉や信繁とともにこの時代を生きた歴史上の重要人物といえるだろう。どこかで接点もあったのではないかと思いたい。

 時代は下がって明治、元勲山縣有朋が、ここに第二無鄰菴と称される別邸を建てた。そしてまたまた時代を現代に、今は日本料亭「がんこ」がオーナー、我々庶民も料理とともにこの名庭を愛でることができるという次第。懇親会の模様を簡単なスライドにした。

    http://www.hcn.zaq.ne.jp/caexb307/konsin/index.html





 

2016作品展

 投稿者:せーやん  投稿日:2016年10月23日(日)22時02分51秒
   今年も多くのお客様を迎え、盛会のうちに作品展を終えることができました。
簡単なスライドにしました。ご笑覧ください

    http://www.hcn.zaq.ne.jp/caexb307/sakuhin/book_20.html

 

入会したいと考えていますが

 投稿者:渡辺比呂氏  投稿日:2016年 9月17日(土)12時38分25秒
  本日17(土)きらめきに行きましたが、どこで開催されているのかわかりませんでした。仕方なく、帰ってきました。
私は今、休職中で、時間はありますので、趣味のパソコンで、視野が広まればと考えております。
私の連絡先を記しておきます。
mail: inishal.d@gmail.com
です。一応、きらめき主催のエクセル・ワードの口座も受けさせて頂いております。ので、ほんの少しは触れるかと思います。宜しくお願いします。
 

情報は主権者のもの

 投稿者:yoshi  投稿日:2016年 9月14日(水)21時28分12秒
  東京の市場移転に関して、市民(庶民)の耳を覆う言辞が飛び交っている。
東京都の行政府も都議会も、すべてが都民に対して責任を負わなければならない。
都民は、誰でも良い・・都庁に対して可能な限りの「情報公開請求」の権利を行使しなければならない。それを手がかりに、事の真相を解き明かしてもらいたい。
認められている権利を行使せずに、不満不服を言い募っていても、建設的ではない。
 

浅井氏・日本破産??

 投稿者:yoshi  投稿日:2016年 9月12日(月)08時20分11秒
  浅井隆氏の著作に「すさまじい時代(上)(下)」がある。出版社は、「(㈱)第二海援隊」~これは、著者の会社。
お馴染みの「アマゾン・本」に掲載されているカスタマーレビューによると、
この本は、21世紀の「ノストラダムスの大予言」・・ 投稿者  TOKYO BOY  2016/1/18
「この本は、21世紀の「ノストラダムスの大予言」であり、経済の本ではありません。
具体的には、上巻に続いて、意味不明の「国家破産の危険」を煽って、筆者の国家破産の対策の会に誘いいれて、儲けようとしている営業向けの本です!」 と厳しく書かれている。
しかも、レビューがこの1件しかないので、なんとも言いようがないが、ただ今読み進め中の私としては、日本国の経済状況、特に「借金まみれ」の状況を見るに付け、本書のような見方も参考に知っていて良いのではないかと思う。下巻、第五章の「文明八〇〇年周期の衝撃」などは内容の精査が必要だが、関心は湧いてくる。
本書に対し、さらに読者のカスタマーレビューが慶されることを期待すら。
 

伊藤さんの名司会

 投稿者:せーやん  投稿日:2016年 9月11日(日)21時32分39秒
   yoshiさんから、ひとまず休会された伊藤さんからの我々へのメッセ-ジを、ご披露いただきましたが、畑田コミセンでの演奏会のYouTubeで、改めて感謝をいたします。再入会を心から願っております。

   https://www.youtube.com/watch?v=tIA3ZU6rey0

 

2016夏懇親会

 投稿者:せーやん  投稿日:2016年 8月29日(月)00時51分14秒
  今年は暑さに負けず、茨木パソコンクラブ会員相互の親睦を深めるための懇親会を、メロード吹田38Fの「だい一楼」で行った。西尾住宅やアサヒビール工場の見学については、他の会員諸氏の報告を待つとして、一先ず38Fからの眺望をスライドにしました。ご笑覧ください。

http://www.hcn.zaq.ne.jp/caexb307/konsin/index.html

 

レンタル掲示板
/27