• [0]
  • さやか「杏子、なりきりチャットしようよ」 杏子「?」

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2012年 9月23日(日)02時50分45秒
  • p1153-ipbf2306marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
 
杏子「チャット?」

さやか「ほほう、知らないとは」ニマァ

杏子「(何かむかつくな)」

さやか「ではではこの私がじっくり教えてしんぜよう!」

杏子「へいへい」




(右上の「ページ下へ」をクリックして下から順にどうぞ)

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [11]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2012年 9月23日(日)05時40分50秒
  • nptty402.jp-t.ne.jp
  • 返信
 
続き楽しみにしてるよ。

  • [10]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2012年 9月23日(日)04時46分36秒
  • p1153-ipbf2306marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  • 返信
 
さやか「まあそのくらいかな。
    それだけ守れれば戦闘なりきり以外なら生きていけるよ」

杏子「戦闘なんてのもあんのか…」

さやか「戦闘は上級者向けだねー。
    初心者がやると、かなりきつい」

杏子「確定ロルとか、か?」

さやか「そうだね。じゃ杏子、私と戦闘なりしてみよう。
    杏子はさっきの確定ロルに気をつけて。
    私は確定ロル使いまくるから」

杏子「虐めイクナイ」


「ふん、(槍を構え」

「あんたなんかに負けない、(剣を携え」

「調子乗ってんじゃ、ないよ!(槍を振りかぶり」

「ふ、(ひょい、と攻撃を右に避け、相手の腹部に剣を突きつけ」

「がッ…(素早く後退し」

「どうしたの?、そんなもの?(剣先で挑発し」

「ふざけんな!(槍を横に大きく振り」

「遅いね、(スッと屈んで一振りから逃れ、相手の無防備な脚に蹴りを当て」


さやか「どう?」

杏子「勝てる気がしねえ。てかうざい」

さやか「うん、その反応が普通だよ。
    確定ロルの重要さがわかったかな?」

杏子「体感した」

  • [9]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2012年 9月23日(日)04時34分44秒
  • p1153-ipbf2306marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  • 返信
 
さやか「その二、確定ロル。」

杏子「何だそりゃ」

さやか「とうっ」ポカッ

杏子「…」

さやか「…」

杏子「殺すぞ」

さやか「そんなに怒らなくてもいいじゃん!?
    ただ軽く叩いただけじゃん!?」

杏子「じゃんじゃんうるせえ。お前はどこぞの都市の警備員か」

さやか「そっちには萌えない」

杏子「聞いてねえ」

さやか「そ、れ、で! 確定ロルっていうのは、相手の行動が限りなく
    制限されちゃうロルのことよ」

杏子「つまり?」


「とうっ ( 相手の頭を叩いて」


さやか「違和感は?」

杏子「ない」

さやか「じゃあこれに対するロルを考えてみて」

杏子「んー、痛がってこのやろー、みたいな」

さやか「さっきの反応と全然違うじゃない」

杏子「あれは相手がさやかだからだ」

さやか「どういう意味よ!」

杏子「あーあー、で、何の問題があるんだ?」

さやか「『杏子に避ける、受け止める、の選択肢はあった?』」

杏子「…あ」

さやか「つまりはそういうことよ。
    叩いて、という言葉だけじゃ受けるしかない。
    選択肢がなくなっちゃうわけ。」

杏子「なんか納得しちまった」

さやか「ふふん。それでそれを避けるために、
    こうするのよ」


「とうっ ( 相手の頭を叩こうとして」


さやか「どう?」

杏子「確かに、選択肢が増えてるな」

さやか「でもこれは使いどころがあってね」

杏子「?」

さやか「雑談とかだと、こうやって牽制かけてるのもおかしいでしょ?」

杏子「まあ、そうだな」

さやか「だから、本気のなりきり部屋ではNG。
    楽しむためのなりきりなら多少はOKってこと!」

杏子「意外に難しいのな」

さやか「ちゃんと理解すれば、楽しいのよー」

  • [8]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2012年 9月23日(日)04時21分19秒
  • p1153-ipbf2306marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  • 返信
 
さやか「まず何から話そうかな。
    杏子はロルについてどれくらい知ってる?」

杏子「行動を表す文章とか言われたけど、正直わかんねえ」

さやか「その通りよ、じゃあそっからね。
    まずこのリンゴを杏子にあげよう」

杏子「んぉ?さんきゅー…って何書いてんだ?」シャクシャク


「んぉ? さんきゅー ( 相手から受け取ったリンゴを口に運び」


さやか「この()の中の文章がロルよ」

杏子「思い切りあたしの行動だな」モッグモッグ

さやか「これで大体わかったでしょ」

杏子「大体ってことを聞く限り、まだ何か細かいことがあるんだな?」

さやか「その通り。
    ではロルでやってはいけないことを伝えまーす」

杏子「ほーい」

さやか「その一、終止形ロル。」

杏子「終止形?」

さやか「そう、~する。~やる。とか、かな。
    さっきの文章を終止形にしてみるよ」


「んぉ? さんきゅー ( 相手から受け取ったリンゴを口に運ぶ」


杏子「何が違うんだ?意味合いとしては変わらないだろ」

さやか「まあそうなんだけど。これを使うと初心者丸出しだから」

杏子「なんか納得いかねえ」

さやか「その内わかるよ」

  • [7]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2012年 9月23日(日)04時12分33秒
  • p1153-ipbf2306marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  • 返信
 
~三日後~



さやか「どうだった?」

杏子「…さやか」

さやか「ど、どうしたのよ」

杏子「『ロル』ってなんだよ!わかんなくて蹴られっぱなしだったぞ!」

さやか「…」アチャー

杏子「あいつらの口ぶりじゃすげえ大事なことみたいじゃねえか!
   なんで教えてくんねーんだ!」

さやか「そう、その過程が大事なの」

杏子「…へ?」

さやか「「ロルって何?」ここから抜け出すか抜け出さないかで変わる。」

杏子「何がだ?」

さやか「『初心者』か否か。」

杏子「初心者…」

さやか「この話は長くなるから次スレで」

杏子「メタ発言やめろ」

  • [6]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2012年 9月23日(日)04時07分1秒
  • p1153-ipbf2306marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  • 返信
 
杏子「つまり名前入力して入室ののち」

  「挨拶して少し雑談」

  「んでなりきりが始まる、と。」

さやか「そーゆーこと」

杏子「面倒くさいな」

さやか「そうね」

杏子「さやかが面倒になっちゃ終わりだろ…」

さやか「私はいつになってもキャラ作る疲労と新しく部屋に参加する恐怖は
    なくならないと思う」

杏子「そんなもんか?」

さやか「予備の携帯貸すから、チャット経験してみなさい。
    三日後にまた会おうじゃないか」

杏子「宿題みてえだな」

さやか「じゃあ宿題ってことで」

杏子「はあー」

  • [5]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2012年 9月23日(日)04時00分58秒
  • p1153-ipbf2306marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  • 返信
 
杏子「おいおい、何かいろいろあるぞ…
   学なり? なりきり雑談? 半値雑談?」

さやか「ま、学なりにしときなさいよ、イメージ簡単だし」

杏子「何かいろいろ説明が書いてあるぞ」

杏子「とりあえず入室っと」

さやか「あ」

杏子「ん?」

さやか「こ?」

杏子「誰があんこだ!」

さやか「それ狙いかと」

杏子「ていうかキックされたとかなったぞ!どういうことだおい!」

さやか「まあ落ち着きなさいよ…」

   「あんた、入室する時名前入力した?」

杏子「してねえな」

さやか「なんて素直な娘だ」

   「入力しないと、名前が強制的に『Guest』になるの」

杏子「ぐえすと?」

さやか「げすと」


  • [4]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2012年 9月23日(日)03時53分15秒
  • p1153-ipbf2306marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  • 返信
 
さやか「ていうか私雑談の方全然やんないし、なりきりだけ説明するね」

杏子「雑談に説明も何もなさそうだけどな」

さやか「そうね。で、キャラを作ったら、いよいよ会話するわけなんだけど」

さやか「杏子なら初対面の人に、何て声をかける?」

杏子「んー、『よう』とか」

さやか「却下」

杏子「は?」

さやか「普通に『こんにちは』が言えないのあんたは…」

杏子「言えないんじゃなくて言わないんだよ」

さやか「屁理屈はいりません」

杏子「わぁーったよ、『こんにちは』、だろ?」

さやか「それでよろしい。
    さらに初めて参加するなら、『お邪魔します』とかあった方がいいね」

杏子「堅苦しいなー」

さやか「礼儀よ、礼儀」

さやか「ていうかあんたは一回チャットやってみなさい!
    ほら、携帯貸したげるから」

杏子「そーそ、あたしは頭で理解しないタイプってことがよくわかってるじゃん」

さやか「自分で言ってて悲しくならないの、それ…」

  • [3]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2012年 9月23日(日)03時38分7秒
  • p1153-ipbf2306marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  • 返信
 
杏子「そういえばさっきから気になってたんだけど」

さやか「ん?」

杏子「チャットは雑談することなんだろ?ネット上で」

さやか「ちゃんと聞いてるみたいだね、感心感心」

杏子「疑ってたのか」

さやか「心配してたと言いたまえ」

杏子「ったく…、んで、最初に言ってた『なりきり』って何だ?」

さやか「良い質問ですねぇー」

杏子「うぜえ」

さやか「ストレートに言われると傷つくわー」

杏子「そうは見えねえよ。主に表情が」

さやか「それで。なりきりっていうのは、いわばジャンルよ」

杏子「(流しやがったな…)」

さやか「音楽にもクラシックとかポップとか、ジャンルがあるでしょ?
    チャットには大きく分けて雑談となりきりがあるの」

杏子「二つしかないのか」

さやか「細かく分けるともっとあるよ。まあそれは置いといて、
    なりきりはなりきり。そのままの意味」

杏子「演劇、…みたいな?」

さやか「あー近いね。人物になりきってチャットする。」

杏子「人物?」

さやか「既存でも、オリジナルでもいいんだけど、
    そこはみんなに合わせないとね」

杏子「オリジナルってことは、キャラクターを自作すんのか?」

さやか「物分かりが早くて助かるわー、
    最初はまあ、名前、性別、年齢、身長、性格。」

杏子「ほう」

さやか「慣れてきたら、詳しい性格、容姿を考えるのよ」

杏子「んー、馬鹿とか、単純とかか」

さやか「…なんか心にくるわね」

さやか「まあいいけど。そうやって自分のキャラを動かして、
    他人と雑談したり、生活したりするのをなりきりチャット。
    って、私は認識してる。」

杏子「なんとなく理解した」

さやか「そこは嘘でもばっちりって言いなさいよ」

杏子「バッチリリカイシター」

さやか「…」

  • [2]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2012年 9月23日(日)03時16分55秒
  • p1153-ipbf2306marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  • 返信
 
杏子「んで、何か必要なものとかあんのか?」

さやか「もちろんパソコンやら何やらは第一よ。」

杏子「その時点であたし参加できねーじゃん」

さやか「いやパソコンくらい貸すって」

杏子「変なサイトの履歴とかあるだろ。見よ」

さやか「…あんたほんとはパソコン持ってるでしょ。てか見せないから」

杏子「さーな。で、次は?」

さやか「『マナー』。これが結構大事なのよ」

杏子「マナーってーと...、悪口とかか?」

さやか「そうそう。 「ネット上だから言っても平気」
    「言っても自分が言ったとわからないから」…典型的な荒らしの例ね」

杏子「でも特定できないのは事実なんだろ?」

さやか「アクセス禁止、つまりアク禁って方法もあるけど、結構穴あるのよね」

さやか「みんながみんなマナーを守れば済む話なのにさ」

杏子「ふーん…」

さやか「悪口以外にも、マナーはあるよ」

杏子「例えば?」

さやか「挨拶、かな」

杏子「なるほどな」

さやか「参加して何も言わずに話しかけてきたら、ねえ?」

さやか「まあ顔見知りならわかるけどさ」

杏子「マナーって初歩的なことばっかだな」

さやか「基本が大事ってことよ」

さやか「あとは口調や言動。言葉遣いが悪かったら、会話になんないよね」

杏子「遠まわしに説教されてる気分だ…」

さやか「してんのよ」

杏子「悪い悪い」



  • [1]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2012年 9月23日(日)02時58分34秒
  • p1153-ipbf2306marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  • 返信
 
さやか「まずチャットってわかる? さっきわかんなさそうだったけど」

杏子「とりあえず食い物じゃないことはわかった」

さやか「えーっとGoogle先生に...」

さやか「あったあった。
    チャット (chat) とは、インターネットを含むコンピュータネットワーク上のデータ通信回線を
    利用したリアルタイムコミュニケーションの事。chatは英語での雑談の事であり、
    ネットワーク上のチャットも雑談同様に会話を楽しむ為の手段である。
    歴史が古いサイトでは、「Internet Relay Chat (IRC)」が有り、電子掲示板 (BBS)、
    ネットニュース、メーリングリスト等との違いはリアルタイム性が有るか無いかである。
    ICQはチャットルームで多数の人がチャットするのとは違い、
    個人同士でチャットが出来るツールである。ICQと同じ様なツールはその後数種類現れ、
    メッセンジャーとも呼ばれている。…最後の方わかんないや」

杏子「さやかもわかってねーじゃねーか」

さやか「あんたよりはわかってるっつーのー」

杏子「んで、結局なんなんだ?」

さやか「まあ、パソコンとか携帯使って、ネット上で会話することよ」

杏子「ふーん。時代は変わったなー」

さやか「あんたが生まれたころにもあったと思うよ」

杏子「とにかくあたしとは縁の無い話ってことだな」

さやか「まあやってみればわかるって」


レンタル掲示板

スレッド一覧

  1. さやか「杏子、なりきりチャットしようよ」 杏子「?」(11)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成